子育てママの小さな暮らし

〜同居と育児の息抜きブログ〜

*

十三回忌法要で手配(段取り)した事。

      2015/09/12

スポンサードリンク

十三回忌法要で手配(段取り)した事。

スケジュール・タイムテーブル

2ヶ月前:日取り決定 日時の案内出し
3日前:寿司とケータリングの予約
前日:お墓の掃除をしておきます。
当日:
10時50分:お寺に集合
10時50分〜11時: 受付済まして待合室で待ちます。
11時:本堂に入りお経
12時:自宅に帰り会食
15時:お開き

日時の決定〜当日までに段取りしたこと

まずは日取りの確認。兄弟に電話で連絡取り大体法要開催日の2ヶ月前くらいに、土日で都合が良い日を聞いて都合取れるか問い合わせました。
候補で出した日程(候補は2日でだしました)で、どちらも問題ないとの返答いただきました。

次に、上記で決めた候補日でお寺側の「お坊さんの都合がつくか」と「お寺の状況」の確認をして、都合がつけば予約を入れます。10時からが希望でしたが同日に先約があったので、11時からお願いしました。
2ヶ月前でも、すでに予約入ってるんですね。。
また、献花や果物などお寺で準備してもらえるものを確認して、必要に応じてオーダーします。
※ここでの喧嘩やお花は本堂でお経の際に飾るものです。

予約が完了したところで、兄弟に正式な招待案内を出します。その際は、当日の会食をどこでやるかもお伝えした方が良いと思います。
(先方にお子さんがいたり、諸々事情もある場合があるのでお知らせした方が、事前に準備ができるでしょう。)

当日の会食などは自宅でやるか、もしく何処か食事処借りてやるのか決めて必要に応じて手配します。
私は自宅でやったので、寿司とケータリングなどと、解散時にお渡しするお持たせを準備しました。

で、当日は現地のお寺に10分前くらいに直接集合してお寺の受付へお布施と献花、果物代、塔婆料などを渡し待合室でお茶しながら待ちましたが。。。
大きい部屋で誰もいなかったので子供らは大はしゃぎ(⌒-⌒; )

時間になって本堂に案内されますので、適当に着席してお坊さんを待ちます。
お坊さんがお経を始めると子供らはそわそわ、、子供はじっとしてるのが苦手ですよね。(ー ー;)

あとは御墓参りをしてそれぞれお線香を焚いたり、お供物をして、終わったら自宅へ案内して会食へ。
挨拶して献杯。家族団欒して帰り際には色々とお世話になったのとお香典のお返しを込めてお持たせを渡して終了です。

大体かかった支出(あくまで参考額です)

お布施 3〜5万円
お供物献花+塔婆3〜5万円
会食4〜6万円(3家族13名程度で)
諸経費5千円
お持たせ5千円〜1万円 x 個数

 

以上、何かの参考になれば幸いです。

 

ブログランキングに参加していますので、
↓クリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ
 


 - 冠婚葬祭 , , ,