子育てママの小さな暮らし

〜同居と育児の息抜きブログ〜

*

同居話〜メリットデメリット。

      2015/07/23

スポンサードリンク

同居話〜メリットデメリット。

幼稚園のママ友に、お姑さんと同居してると話すと、ほとんど全員「大変だねー」「偉いねー」「私には出来ないな〜」と、言われます。
そう、みんな同情の目線で…。(ー ー;)

でも、良かった面もありますよ!
同居のメリットデメリットってなんだろう、と考えてみました…。
(あくまでもウチの場合です)

メリット。

1、緊急事態の時に、夜中でもすぐ預けられる。
夜、私の父が倒れて救急車で運ばれ危険な状態と連絡があった時、旦那がまだ帰宅してない時間でしたが、二人の子供を姑に任せて病院に向かいました(入院しましたが、今は退院して元気です)。

2、幼稚園の送り迎えや行事も、下の子を預けて行ける。
入園式や遠足は、下の子連れのママは本当に大変そうでした(⌒-⌒; )
最近の送り迎えは、娘も一緒に行くと聞かないので、雨や雪の日だけ預けてます。

3、子どもが一人で階段を上り下り出来るようになると、勝手に下に遊びに行ってくれるので、二階で一人のんびり出来る(笑)
1〜2時間のんびり出来る時があります♪

4、玄関、外周りの掃き掃除をしてもらえる。
(私、たま〜〜にします…(苦笑))

5、義母は美容師なので、旦那、子ども(たまに私)の美容室のカット代がタダ。
お風呂のシャンプーが店用のを使ってるのでタダ(笑)。

6、旦那の帰宅が深夜、もしくは出張でいない時も、私と子ども達だけでは不安だけど、とりあえず義母が下にいるので安心出来る。

7、二人目妊娠、出産時の上の子を見てくれる。
臨月になると、上の子をよく公園に連れて行ってくれました。
出産で入院中に息子と旦那の面倒も全てお任せです。
(私の実家は車で近いですが、両親も働いてるので産んでから帰りました)

デメリット。

1、家にいるのに気を使う。
家のローン、光熱費全て払っているのに。。他人の家に住んでいるみたいです。
自分の実の両親も気を使って来ません。

2、子どもが昼寝してる時間に下から三味線の音が響く。
三味線が趣味でかなり上手いのですが、上の子は寝ないしよく泣く子だったので、昼寝中の三味線の音はかなり迷惑でイライラしました。
ちなみに民謡も唄います…(−_−#)

3、光熱費節約出来ない。
冷暖房をすぐつけます。夏は当たり前だけど、5月にクーラーつけてました。暑い日あったけど、私は窓あけてたし。年寄りだし、つけるなとは言わないけど、部屋にいると寒く感じる温度設定(常に26℃)はやめて欲しい。

4、口が悪い時がある。
子どもが下でワガママ言って泣いた時に、
「うるせー、じゃあ2階行け」と怒り更に泣かせてました。
「おばぁちゃん=優しい」って存在は絶対的であって欲しいです。

5、まだまだ元気だけど、歳をとって介護になった時が不安。
気性が荒くなりそうな予感がします…。

と、まぁ簡単にこんな感じかな。
細かく書くとキリがないような気がするので(笑)。

おわりに

同居、やっぱり大変ですかね?

でも、お互いの性格もありますよね。
義母はネチネチ系ではなく、勝気な性格でサバサバしてます。
私も、初めから気を使わず、思ったことを何でも言うサバサバした性格なら良かった…。
でも、それだとケンカになるかな。σ(^_^;)

まぁ、今の現状を維持して生活していけば、デメリットは無くなりはしませんが、だんだん慣れていきます(笑)

同居から逃げられないなら、その状況に自分を合わせるしかないんです。

そして、いつか嫁姑の立ち場が逆転する時が来ます。
だって、どんどん体は歳をとるんですから。歳をとると、人は気弱になってきます。
今まで当たり前だと思っていた『同居』に感謝される時がくるんです。

ふと、自分が歳をとったら、自分の息子の嫁と同居したいって思うのかな〜と考えてしまいました。
義理両親との『同居』が絶対に嫌な人は、自分が歳とっても嫁とは同居しないのかな〜。

私は、息子家族と同居して孫の面倒みたいかもな〜。
嫁は可愛くないが、孫は可愛いってやつですd(^_^o)

ブログランキングに参加していますので、
↓クリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ
 


 - 同居, 生活 ,