子育てママの小さな暮らし

〜同居と育児の息抜きブログ〜

*

魔法使いプリキュア!第7話あらすじ。

      2016/04/03

スポンサードリンク

魔法使いプリキュア!第7話あらすじ。

第7話『人魚の里の魔法!よみがえるサファイアの想い!』

今回の補習は特別講師の人魚のロレッタ先生の授業。

アイザック先生に海の中でも平気な魔法をかけてもらい人魚の里に行く。

発声は魔法にとって大事な事なので、ロレッタ先生に発声の授業をしてもらう。

今回のテストは、マール貝を手を使わずに話しかけて口を開ければ合格。
ロレッタ先生は「声は自分の気持ちを相手に届けるもの。貝にあなた達の気持ちが届けば口を開けてくれる」と教えた。

休憩中、シシー、ナンシー、ドロシーという人魚達に会う。

人魚達は外の世界や人が怖いと隠れていると聞いて、3人に魔法を見せて仲良くなる。

人魚達は、人魚の里に伝わる大事な宝物を見せてあげると大きな貝を見せてくれた。

この貝は、昔は口を開いていて、その頃は人魚が空を飛んでいたり他の種族とも交流していた。人魚が空を飛ぶのをやめた頃から貝は口を開かなくなった。

「人魚の心に光戻りし時再び輝きの人魚現れ、我らを広い世界へと導く…」

その頃、新たなリンクルストーンの力を感じとったガメッツがやってきた。
みらいとリコはジュンに人魚達を預けてプリキュアに変身しようとしたがモフルンがいなくて変身出来ない。

ヨクバールが攻撃してきたが「二人なら怖くない!」と宣言した途端、伝説の貝の口が開きリンクルストーンサファイアが出てきた。

甘い匂いを感じたモフルンが来て、リンクルストーンサファイアで変身!

プリキュアはヨクバールを倒し、ガメッツは退散し人魚の里も元に戻った。

プリキュアは輝きの人魚?

ロレッタ先生は、サファイアはあなた達が持つ運命だ、とみらいとリコに手渡す。マール貝も開いていて試験は合格した。

ブログランキングに参加していますので、
↓クリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ
 


 - プリキュア, 魔法使いプリキュア