子育てママの小さな暮らし

〜同居と育児の息抜きブログ〜

*

彼岸〜お盆〜施餓鬼会 塔婆料・護持会会費。

      2016/08/24

スポンサードリンク

彼岸〜お盆〜施餓鬼会 塔婆料・護持会会費。

お寺毎年7月になると、お寺から大施餓鬼会・護持会総会の案内が届きます。
これを見ると、あ〜今年もお盆がやって来るな〜と思います。

実家にもお仏壇はあります。

ちなみに、都内にあるお墓は、都内に多い室内にあるお墓です。

 

お寺に収めるお金や法要の事など全て両親がやっていたので、詳しくはよく覚えてません。

お盆に迎え火・送り火をして、ご先祖様を供養する、程度しか知らなかったです…(~_~;)

旦那実家は、近所にあるお寺に墓地があり、そこにお墓があります。

旦那は長男なのでお墓を受け継ぐ形になります。

案内で、施餓鬼会の塔婆料が¥7,000〜と、護持会総会費(護持会費)? というものがあるそうで。

護持会って何だろう、と思いましたが、ここのお寺にお墓がある人は入らなきゃいけないようです(^^;;

今年の会費は未納なのか、いつ支払うのかよくわかりません。なのでここにメモしておきます。

毎年、お盆時期に払うお金ってよく分からなくて、、
(以前までは、義母に¥5000だけ渡していました。)
彼岸は塔婆料¥5,000だけだった気がするのに。

お寺からの案内に、「近年、施餓鬼の塔婆を申し込まない方が増えておりますが、
必ず塔婆を申し込みください」と書かれていました。

まあ、このご時世色んな事情があって、申し込まない・申し込めない方も多いのかもしれませんね〜
とは言え、お寺側もお寺を維持するには収入が必要なので、、(苦笑)

とりあえず塔婆料の¥7,000-を納めにお寺に行って、護寺会費が未納なのかを聞いてきました。

護持会費(¥4,000-)はいつでもいいそうですが、お盆時に来たついでに払う人が多いみたいです。

他にも、義母はお中元と、お歳暮を渡しています。
どちらも¥3,000-です。
お中元、お歳暮と書いていても、供養料の意味があるようです。

年間通すと以下のようになります。(盆暮れ正月の備忘を兼ねて、お盆時期や料金、必要なものを記載します。)

春のお彼岸時期 3月20日から3月21日

春の彼岸は、春分の日を中日として前後3日間 で、お寺へお墓参りします。
塔婆料 : ¥5,000-
お墓参りの仏花・生花:¥750- x 2 = ¥1,500-

施餓鬼会(せがきえ)時期 7月20日前後

施餓鬼会(せがきえ)+塔婆料:¥7,000-
護持会総会費:¥4,000-
お中元:¥3,000-
お墓参りの仏花・生花:¥750- x 2 = ¥1,500-

塔婆はお寺からもらったらお墓の後ろに立てかける穴?があるのでそこに立てかけます。
古くなった塔婆は処分するので、お墓にある焼却炉近くに置いておきます。

お盆時期 8月13日迎え盆、16日送り盆

お盆は、ご先祖様を13日に迎え、16日に送るため、お寺へお墓参りします。
お墓参りの仏花・生花:¥750- x 2 = ¥1,500-

秋のお彼岸時期 9月23日頃

秋の彼岸は、秋分の日を中日として前後3日間 で、お寺へお墓参りします。
塔婆料 : ¥5,000-
お墓参りの仏花・生花:¥750- x 2 = ¥1,500-

暮れ時期 12月末日頃

年の瀬にお寺へお墓参りします。
お歳暮: ¥3,000-
お墓参りの仏花・生花:¥750- x 2 = ¥1,500-

 

ちなみに塔婆料とはお寺によって金額は異なるようですが、ご先祖様への感謝の気持ちと供養を示す意味合いのものです。

ブログランキングに参加していますので、
↓クリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ
 


 - 冠婚葬祭, 覚書 ,