子育てママの小さな暮らし

〜同居と育児の息抜きブログ〜

*

窓辺で小ネギを再生栽培。〜主婦の知恵〜

      2015/07/28

スポンサードリンク

窓辺で小ネギを再生栽培。

小ネギ(分葱など)って料理の色どりや、薬味として何かとあると便利な食材です。

でも、束になって売っているので、いっぺんに使いきれなくて野菜室に入れて置くと、すぐに「しなしな」になってしまいます。

なので、私はスーパーで小ネギを買ってきたら全て小さく刻んで、密閉容器に入れて冷凍しています。

小葱

そうすると、薬味などで葱を色々な料理の彩りなどで、少量使いたい時にもとても便利です!

そして、切った根っこは捨てません!根っこの部分を水に浸してキッチン横の窓辺に置いています。
なぜかというと、再生野菜になるからです。
再生野菜とは、野菜の根を捨てずに、食べられる部分を再生栽培した野菜ということです。

窓辺のネギ

before

窓辺のネギ

after



すると、2日くらいでちょっと生えてきました〜分かるかな?

1週間たつと、おー伸びてる〜!再生しとる〜!

ある程度伸びてきたら切ってスープなどにパラパラ〜と入れてます。
切ったら、また水の中へ。

だんだん、元の根っこがふにゃふにゃしてくるので2回くらい切ったら限度ですσ(^_^;)
でも、水に付けるだけでいいし水を替えるのも1週間に1回位。

節約主婦はやらなきゃ損〜〜*\(^o^)/*

ちなみに大葉も。

大葉

大葉

下のお義母さんは、プランターに大葉を入れて再生栽培しています。
日に日に枚数が多くなってる〜

大葉は育てるの簡単らしいですね。
あっという間に育つので、食べきれないほどです(笑)
素麺やちらし寿司、ちょっと使いたい時に何枚かもらっています。

実家の母も裏庭に種をパラパラ撒いたら勝手に育ってたって言ってました。
あくまでも母流再生栽培ですが(笑)

スポンサードリンク

ブログランキングに参加していますので、
↓クリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ
 


 - 生活,