子育てママの小さな暮らし

〜同居と育児の息抜きブログ〜

*

息子の過剰歯

      2018/02/08

スポンサードリンク

息子は、上の前歯と前歯の間に過剰歯があります。過剰歯とは簡単に言うと余分な歯です。比較的女の子より男の子に多いそうです。

6歳の時、前歯がぐらついてなかなか抜けないので抜歯しに行った時にレントゲンを撮って分かりました。もう1本の前歯は永久歯です。

レントゲンを見た先生に、前歯の間に過剰歯があるとその歯が邪魔で前歯がくっつかずに隙間が出来てしまうので、過剰歯が歯茎から外に生えてきたら抜きましょうと言われました。

出てこない場合は麻酔をしてメスで切開して抜く事になります。切開になるとここでは出来ないので大学病院の口腔外科に紹介状を書きますと言われました。

ぐらつく乳歯を抜歯しに行ったのに、急に「麻酔」とか「切開」とか言われて驚いてしまいました(>人<;)

ですが、急がなくても半年くらい様子を見ても平気だそうで、その間に永久歯が生えてしまっても歯は動くので大丈夫ですと言われました。

その後はフッ素塗布をかねて過剰歯の経過を診てもらっていました。あれから8ヶ月くらい経ちますが、過剰歯が出てくる気配はありません。

永久歯の前歯が生え揃うと少し隙間がありましたが、先生いわく思ったより前歯の開きが狭いので抜かなくても良さそうと言われました。ただ、永久歯の歯根に過剰歯が触れていると歯根の成長を妨げるのでCTを撮って確認しますと言われました。

CTを確認すると、過剰歯の形が丸くてころんとしてるので外に出にくい形をしてたみたいです。(尖ったところがあれば歯茎から生えやすい)

永久歯の根にもうまくぶつかってないので、無理に抜かないでこのままでも大丈夫だという診断でした。

少しホッとしたのもつかの間、息子は顎が小さいらしく、2番3番の隙間が小さくて永久歯になった時ずれて生えてしまうみたいで、矯正で直せますがやるなら過剰歯は抜いた方がいいと言われました。

矯正するなら矯正専門の病院を紹介してもらえるそうです。

なんだか、また問題が増えてしまいましたが息子の将来のことを考えるとガタガタの歯じゃ可哀想。。

とりあえず今は矯正の方向で考えたいです。

ブログランキングに参加していますので、
↓クリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ
 


 - 育児