子育てママの小さな暮らし

〜同居と育児の息抜きブログ〜

*

ユスリカ大量発生。

      2017/03/29

スポンサードリンク

ユスリカ大量発生。

 

「ユスリカ」は血を吸わない蚊です。
毎年暖かくなると、ユスリカに悩まされます…(-_-;)
4月頃〜9月頃に多く発生しますが、
家の玄関のドアを開けると蚊柱になって大量に蚊が発生している時があります。特に雨上がりの気温が上がった時。

時間帯は夕方が一番多いです。

 

原因は玄関前の側溝。 側溝に卵を産みつけ、幼虫が成虫になり側溝の隙間から飛んできます。

しかも家は角地で側溝に挟まれているんです。。。囧rz

4、5匹が飛んでる分には構いませんが、ヤツら(言葉が汚くてすみません 苦笑)は大量に飛びながら玄関のドア前にとどまっているんです。数えられませんが何百匹と飛んでいると思います。

 

 

本当ーーーーーに嫌!不快!気持ち悪い!!

 

 
もう、玄関のドアを開けて大量にユスリカが飛んでると本当憂鬱です。

なんでこんなに集まるのか調べてみると、1匹のメスに大量のオスが集まっているんだとか。

なんなのそれ・・・(ー ー;)

1匹にそんなに集まってどうするんじゃい!どんだけライバルいるんだよ!他のメス探しに行けーーーー!!

とまぁ言ってても仕方ないので、ユスリカに効きそうな殺虫剤のスプレーを買いまくって撒きまくってます。

もうこの際、家の周りの虫は全部いなくなって欲しいとさえ思います…(-_-;)

虫コロリアース

虫コロリアース

でも、殺虫剤を撒いた時はいなくなってもまた発生するのでイタチごっこ状態。。コスパが悪いだけ。

蚊は雨水が溜まっている場所に卵を産み付けます。まず、原因を排除しなければいけないようです。

①使っていない植木鉢は片付ける。

②側溝の葉っぱやヘドロの掃除をする。

 

これをやるとかなり減るらしい。

でも、家はお義母さんが色々花を植えていて、植木鉢もたくさんあります。(使っていない汚い植木鉢は捨ててしまいましたが…苦笑)

側溝はコンクリートの蓋がしてあって、重すぎて持ち上がらないのでやりようがありません。個人では絶対無理。

 

 

やっぱり自治体が動いてくれないと無理なのかな〜と色々調べていると、市役所の『河川課』という課があるらしく、ユスリカ対策には河川課に電話してみるといいと書いてありました。

 

早速電話すると、すぐに現地調査しますと言われ、いつきたのかわからなかったのですが2日後くらいにまた電話があり、

『蚊が側溝から出入りしているのを確認しましたので、成長抑制剤を撒いておきました。また発生するような時はいつでもお電話ください』との事でした!

 

迅速な対応で良かったのですが、環境のため、殺虫剤なんかは撒けないみたいですね・・・

完全駆除は無理か〜(´Д` )

でも、また発生しだしたら電話しようと思います!

市役所って色々やってくれるんですね。とりあえず電話してみて良かったです。_φ(・_・

 

 

ブログランキングに参加していますので、
↓クリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ
 


 - 生活 ,